離婚協議書作成相談室

by
武石文子総合事務所
 
 行政書士/男女・家族問題コンサルタント


メールでの無料相談は
こちら
    携帯電話の方はこちら
 

 ブログの離婚のカテゴリーも
ご覧下さい


離婚のQ&A

Q自分が不倫をしてしまいましたが、離婚できるでしょうか。




協議離婚においては、双方が合意すれば離婚は成立します。しかし、配偶者が離婚に応じない場合は、調停・審判。それでも成立しない場合は、裁判を起こすことになります。しかし、配偶者に大した落ち度が無く、婚姻生活が破綻していなかったにもかかわらず、自分が不倫をしていた場合は、簡単に離婚は認められません。長期の別居や、未成熟の子がいない、離婚をしても配偶者が生活に困らないなどの条件が揃う必要があります。

Q結婚時に改姓した方は離婚後の姓はどうなるのでしょう。
 
基本的には結婚前の姓に戻ります(復氏)。
戸籍は元の戸籍に戻るか、新戸籍を作成するか選べます。また、婚氏続称といって、結婚後の姓をそのまま使用することもできます。その場合は自分を筆頭者とする新戸籍を作成します。

Q子どもの姓や戸籍はどうなるのでしょう。
 
子どもの姓や戸籍はどちらが親権者であっても変わりません。
復氏した方の姓に変えたい場合は親権者、もしくは15歳以上の子ども本人が家庭裁判所に変更を申し立てることができます。
婚氏続称した場合に子どもを自分の戸籍に入れたい場合も同じ手続きになります。

Q.離婚時に選択した姓をまた変えられますか?
 
「変更するにやむをえない事由」が必要
離婚時に旧姓または結婚中の姓を選んだが変えたくなった場合、離婚が3ヶ月以内なら役場の戸籍係へ届ければ変えられますが、それを過ぎますと、家庭裁判所に変更の許可を申し立てなければなりません。「変更するにやむをえない事由」がないと、なかなか氏変更の許可は出ない可能性もあります。

Q.離婚協議書通りに相手が養育費などを払ってくれないのですが。
 
強制執行(差押さえ)手続きをします
強制執行認諾約款付き公正証書、調停調書、確定判決のいずれかかある場合に、もし、相手の支払いが滞り、尚かつ相手が継続的な給付がある給料などを受け取る仕事である場合、先の分まで差押えできます(民事執行法151条の2)。
すぐに強制執行をするためにも、離婚協議書は必ず強制執行認諾約款を記載した公正証書にしましょう。

Q離婚協議書や公正証書で決めた内容を変えられますか?
 
双方合意があれば変えられます。
内容の変更に双方が合意すれば、変更した内容で協議書や公正証書を作成することができます。公正証書は内容に大きな変更が無ければ、同じ公証役場で作成することをお勧め致します。(手数料が安くなることが多いため)

.Q離婚協議書を作らずに離婚届を出してしまいました。 今からでも作れますか?
 
離婚届提出後でも作成できます。
なるべく早い段階で、合意内容を文書化することが大事です。
内容が合意しない場合は、家庭裁判所に調停もしくは審判を申し立てる必要があります。財産分与の請求は離婚後2年を経過するとできなくなりますし、慰謝料の請求は不法行為から3年で時効となりますので、注意が必要です。
.
   
*まずは左のメールフォームからお問い合わせ下さい。
お問い合わせは無料、全国対応、秘密厳守です。ご氏名明記でお願いします。
   

*不倫相談は武石文子総合事務所*武石文子総合事務所業務案内 *何でも悩み相談室

行政書士/家族・男女問題コンサルタント 武石文子  〜武石文子総合事務所〜
登録番号第04080424号 東京都行政書士会会員
〒184-0004 東京都小金井市本町1-12-4 かねきマンション205 
TEL042(384)1836 (留守電の時もあります)FAX050(3588)6335

電話受付時間:10時〜21時(電話でのご相談は予約制の有料となります)